自費出版 自分史・詩集

自費出版,自分史・詩集の原稿作成時にご参考として下さい。

 





 
1. 手書き原稿
手書き原稿につきましては、タイプ入力によりディジタル原稿を作成します。この場合、文字の変換ミスなど発生いたしますので校正段階での十分なチェックをお願いしております。 見積もり時の頁数は、400字詰め原稿換算とし、図表タイトルのタイプ入力は(20表題/枚)とします。

2. 画像・写真・表の原稿
画像・写真・表原稿の大きさは希望の印刷寸法以上で任意としますが、印刷時の縮小率が大きくなると記載文字等が縮小され読めなくなることがあり注意が必要です。 頂いた原稿の図表,写真はスキャナーで 読み取りディジタルデータ化し、本文中に差し込み書籍としての形態を整えるページ設計を行います。これらの原稿はディジタルデータ(JPEG, GIF:画像解像度=400dpi以上)として送って 頂くこともできます。ページ設計の結果は著者の意向を取り込む著者校正を経て印刷原稿とします。お預かりした原画原稿は書籍完成後返却いたします。

ご参考:A5サイズ(8.2×5.8inch)の画像印刷=(400dpi×8.2)×(400dpi×5.8)=7,680,960<800万画素のデジカメ画像が必要

3.前付き,後付きなどの所要原稿
  書き上げた文章に対し、下記を参考とし、前付き,後付きの要否を検討し、著書の体裁を決め、口絵,年表等で必要な図表と文章原稿をご用意下さい。
   ・とびら   :書名,著者名等入れ裏は白ページ
   ・口絵   :巻頭に入る挿絵,写真等
   ・献辞   :特定の人物に対する著者の献辞
   ・まえがき :著作の意図など記す
   ・目次   :本文の内容一覧
   ・中とびら :本文の章区切り等に付け章名称等書いたとびら
   ・付録   :年表,索引等
   ・あとがき :著作の感想など記す
   ・奥付き  :発行年月日,書名,著者名,発行所名,印刷所
           名等を記載 
自費出版 自分史,画集作成 自費出版 自分史作成 自費出版 画集作成 自費出版 印刷 相模原 自費出版 自分史, 画集作成

自費出版 自分史作成 自費出版 自分史作成