製本機:自分史・絵本・画集 




本表紙作成治具は、製本機プロのオプションとして、下記の手順で並製本、上製本の表紙が著者好みのデザインで簡単に作成できる機材です。
表紙作成と製本の手順
1 ソフトカバー表紙作成と製本
1)
並製本の表紙は、表紙作成板の裏面を使い、表側のガイドに筋付け突起板を嵌め、裏面に設けた固定突起と平行する筋付け突起の間隔を背表紙幅に合わせて、この上から表紙用紙を上部ガイドと背表紙位置を筋付け突起上に合わせて置き、その上を筋付けローラーで押して折筋を付ける。
その後折筋に沿って手折によって完成する。
2)
表紙の接着製本は、製本バインダーをスペーサーによって広げた状態で製本機プロのヒートプレート上に置き、その中に糊付けの終った本文資料を表紙用紙に包んで入れ、本文資料を押し込む様にして表紙用紙に密着させて接着する。

3)
次にヒートプレート上で、書籍バインダーのスペーサーを外し、表紙と本文資料を表紙に圧着したのち、これを書籍バインダーと共に取り出し冷却する。
2 ハードカバー表紙作成と製本
1)
写真は上製本の表紙作成板及び表紙型枠を示す。
表紙型枠は表紙作成板のガイドに沿って左右に移動でき、取り外しも容易に出来る。
また、表紙型枠の上下を繋ぐ背表紙型棒の一方は背表紙の幅さに合わせて調整し、調整ネジによって固定できる。
2)
写真は表紙作成板上で表紙用紙の下部を作成番ガイドの下部合わせた上、背表紙の位置を表紙型枠を合わせ、片面に表紙芯材を接着した状況である。
3)
表紙芯材は、一方の面に両面接着テープを貼り、この用紙上で下部及び側面を表紙型枠に沿って密着して接着する。背表紙及び他方の表紙も同様に接着する。
3)
表紙の芯材接着後に、表紙は表紙作成板から外し表紙用紙の四隅を三角に切り取り、上下左右の表紙用紙を折込み接着する。
写真は表紙用紙の右及び下面を折込み10mm幅の両面テープを使用して接着した状態を示す。下部には完成した上製本の表紙を示す。
4)
上製本カバーの接着製本は、糊付けの済んだ本文をカバーに挟み見開き側及び上下の取り付け配置を確認した後、背表紙に接する表表紙の側面に布紙用のクリアーボンド盾に細く塗って、この上に本文用紙を置く、裏表紙も同様にクリアーボンドを細く塗って接着する。この糊付けが乾く前に本文と表紙のせ着位置の微調整をし緩みの出ないように重しをおく。
乾燥後折返し用紙で補強ぬのを挟む様にして表紙芯材に接着する。



 
自費出版の工程
自費出版 自分史,画集作成 自費出版 自分史作成 自費出版 画集作成 自費出版 印刷 相模原 自費出版 自分史, 画集作成