自費出版 自分史

ピクト民族の衰退により記録の消えたアーカート城

    
1 人類の発展は言葉と文字
2 文字と民族の盛衰1
3 文字と民族の盛衰2
4 文字と民族の盛衰3
5 海洋深層水と地球環境
6 日英米の民族性と経済
7 尾張知多の海運と醸造
8 日本音吉の話
9 尾張知多の教育風土
10 自費出版文化賞







 
1. スコットランドネッシー湖湖畔のアーカート城
 ネッシー湖,アーカート城,郷土史の自費出版 イギリススコットランド北部のネッシー湖
の湖岸に中世期に 建造されたと推定されるアーカート城が史跡として観光客を集めています。かってこの地方は、ピクト族(ピクチュアーの語源)といわれる人たちが住んで おり、この人たちは文字文化を持たず、絵を描いて情報を伝えたといわれます。
その後12世紀に入り、キリスト教文化を背景としたケルト族がこの地方を征服し、ピクト民族とその文化はケルト族とキリスト教文化に同化吸収された と言われます。このようなことからアーカート城の歴史は、12世紀以降は文字としての正確な記録がのこっているが、それ以前の史実は後世の研究者に よって調査され推定されたものといわれます。


 
自費出版 自分史,画集作成 自費出版 自分史作成 自費出版 画集作成 自費出版 印刷 相模原 自費出版 自分史, 画集作成

自費出版 自分史作成 自費出版 自分史作成